• Home 安倍総理の求人に関する雇用の創出の対策

安倍総理の求人に関する雇用の創出の対策

安倍総理は、60万人の求人の創出をスローガンとしています。大規模な求人の創出としての目的として、日本の長期的なデフレからの脱却であります。経済再生を重要課題として位置づけている安倍総理でありまして、日本の今年度の経済成長率を2パーセント以上の目標を抱えながらの経済対策を遂行するつもりであります。経済対策として、20兆円の大規模な投資を行う予定です。経済対策の中身については、防災などの日本の強靭化や富の創出や地域活性化などへの投資を計画しています。緊急経済対策としての富の創出に関する政策に関して、町工場の工場長が工場の経営に苦しんでいて、機械の設備投資にお金が投資できない事で、機械などの設備投資に富の創出の政策が適用されたり、就職活動をしている大学生が求人の状況の改善に期待しています。安倍総理の経済対策に関して、経済成長を促す良い意味でのアイデアが盛り込まれている点で評価している評論家がいます。

しかしながら、中長期的での基礎的な財政収支の黒字化を遵守できる事が難点と評価している評論家もいます。現政権が過去の財政の運営において、財政収支の黒字の経営ができない事であった事であります。経済成長を促すという事に関して、日本の将来の財政の将来像を描きながらの財政運営を盛り込む事が必要であります。とりわけ重要課題として、若者の雇用拡大の政策であります。15歳から24歳までの若者の失業率は、10パーセント以上の数値でありまして、若者に対して雇用が行き届いていない事が問題であります。また、学校を中退した若者に関して、正社員としての雇用条件を手にする事が出来ていない人が多くて、アルバイトで生活している若者や無職の若者が多数を占めております。若者の雇用に関して、国が職業訓練などの訓練を斡旋しておりますが、職業訓練を受けた人の全員が正社員として雇用されているわけではない事です。安倍総理は、若者向けの求人の拡大の政策も盛り込めていかなければならない事です。また、不景気の日本の就職戦線は厳しい状況であります。卒業しても就職していない人は、既卒者でありまして、既卒者の求人を出している企業は既卒者の即戦力を見込んでいます。

一度も社会経験のない既卒者は、門前払いされる事が当然であります。現在ではトライアル制度がありますが、採用されずに働いたことのない既卒者に対しての積極的な雇用を政府が対策をする事であります。